センスよく、地球に優しく暮らすソラディア SORADIA' 34/35号発刊

TREE THERAPY

TREE THERAPY  森林セラピー

IMG_2505.jpg

木々たちのネットワークから得られる力を借りて、心身のリズムを整えるTHERAPY
世界各所を訪れ、写真を撮影していると、どうしても感じてしまう自然の力。パブリックな場で話をすると“頭おかしくない?”と思われそうな出来事にもよく遭遇します。中でも最近物凄く気になっているのが、木や森林の力。最初は半信半疑であったのだが、ある事件をきっかけにもう否定することができなくなくなりました。それなら否定することなく、どう使っていくことが正しいのかを、世界を巡りながら現在も研究中というところです。ここではなんとなくわかりかけてきた“木の力をいただくテラピー”を初公開させていただこうと思います。
木にも意識がある 
 木に感情や意識があるということは、なんとなく感じている方もいらっしゃると思います。それが信じられる方だけこのコーナーを読み進めていただきたい。そうでない方は、“しょうもないこと言ってる”と笑い飛ばしといてください。3年後もしかすると“はっとする”かもわかりません。
木はコミュニケーションをとっている
どうやって木は会話をしているのでしょうか・・・?木は根っこを通じて、木と木の間で連絡をとりあっています。だから一旦大地から切り離された木は、もうネットワークから生ずる力を使うことができません。ただそれでも感情や意識は存在します。
木からいただくバイブレーション 
木はわれわれの何倍も長生きをして、様々な歴史を体験しています。そして野生の木や草は、その根っこを他の木々たちと触れ合うことによって情報交換をしているのです。私たちはその中のひとつの木と心を通わせることによって、この木々のネットワークから生ずる情報や力を自由に手に入れることができるようになります。
THERAPY METHOD 
セラピーはまず森に入って、自分のパートナーとなってくれる木を見つけることからスタートします。呼吸のバランスを整えて、自分自身と周りの環境すべてが調和して、同一化していく感覚をまず身につけます。ヨガやフラ、レイキを勉強したことがある方なら簡単です。初心者の方でも約1日、大地と森に包まれて、ゆっくりと呼吸をしていれば、“ああこれかな?”という感覚は身につきます。感覚の鋭い方なら意外と早く見つかるかもわかりません。
パートナーがみつかったら、次はそのパートナーとつながります。一度つながればパートナーとの間に時空の壁は存在しません。訓練次第で、いつでもどこでもそのパートナーとつながって、理想的なバイブレーションを取り出すことが可能です。
取り出したバイブレーションは使い方次第でどんなことにも使えます。自分自身のバランシングとグランディング力を高める。だれかの疲れを取り除いたり、バイブレーションを形に変化させたり(新月の祈りと同じメソッドです)、もちろん敵を退ける攻撃にも使えます。まさに万能の力に変わるのです。
WORK SHOP 開催 
まだまだ、未開発な部分も多いですが、ただ間違いなく、レイキと並んで、これからの大きなTHERAPY
潮流のひとつになっていくはずです。みなさんも自分のPARTNER TREEを見つける旅をしてみませんか。
ソラディアでは、TREES THERAPYのワークショップを9月にハワイとバリにて開催予定です。
詳細はinfo@soradia.comまでお問い合わせください。 

▲ページの先頭へ